活性酸素は、身体を錆びつかせるだけでなく体臭にも関係しています。

今、生活習慣病は若年化していますし、多くの人が苦しんでいます。そして、この生活習慣病には活性酸素が深く関わっています。
活性酸素はストレス、過剰なアルコール摂取、喫煙、脂質の多い食事などの影響によって過剰に発生してしまいます。活性酸素が過剰に発生すると、からだが酸化してしまうのですが、そうすると同時に汗も酸化して臭いを発生させてしまいます。それが体臭の原因です。

 

この活性酸素の過剰な働きを抑えるのが抗酸化作用ですが、人間はもともとこの力を持っています。しかし、老化に伴い、この力が衰えてしまうために、活性酸素の過剰な働きを抑えることが出来なくなり、体臭が強くなってしまったり、生活習慣病になってしまったりしてしまうのです。

 

また、食べ物には、体を酸化させやすい食べ物もありますし、抗酸化作用のある食べ物もあります。ですので、からだを酸化させやすい食材はなるべく摂らないようにして、抗酸化作用のある食材を多く摂るように意識すれば、体臭を少なくすることも可能です。

 

抗酸化作用のある食べ物はポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンなどを含む食品です。
ビタミンCを含む食品にはピーマン、パセリ、ブロッコリー、緑茶などがあります。緑茶のカテキンは口臭予防にも効果があります。
あとは、ビタミンEは玄米、カロテンの豊富な緑黄色野菜などに多く含まれています。
今はやりの雑穀米も良いと思います。

 

あなたが発生させているにおいの元は、すべてあなたが食べた物です。ですので、体臭を予防したいと思ったら、まずはあなたの食生活を見直してみてください。